睡眠不足解消用のサプリの開発

Posted 1月 15th, 2014 by matuyama

 睡眠不足に悩んでいる人を助けるためのサプリメントは、多くの製薬会社などが開発を手掛けているとみられており、積極的に開発する企業も見受けられています。寝不足を解消することを目的としてサプリメントを開発することはかつてはあまり見受けられてきませんでしたが、近年ではこうしたケースが急激に増加しつつあるのではないかとみられています。
現代社会においては、寝不足に慢性的に悩まされる人が多いと推測されており、一人でも多くの人の睡眠不足を解消することが望まれています。そのため、このようにして積極的に睡眠不足を解消するためのサプリメントが開発されているのではないかと思います。また、多くの人に対して効果が見込めるサプリメントであることも同時に求められており、より高い効果が見受けられる寝不足解消のためのサプリメントが作られるように作業が進められているのではないでしょうか。今後はより多くのメーカーがこうしたサプリメントの開発に着手するでしょう。

睡眠不足の原因について考える。

Posted 1月 15th, 2014 by matuyama

今回は睡眠不足の原因ついて考えてみたいと思います。
はじめに睡眠について簡単に説明させていただきます。
ご存知の方がいらっしゃると思いますが、睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2種類があるそうです。まずレム睡眠というのは眠りが浅く、この睡眠中は脳が活発に働いているそうです。一方、ノンレム睡眠というのは、レム睡眠とは逆に熟睡している状態のようです。なお、睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠が90分ごとに切り替わるそうです。
このように睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることはわかりました。しかし、なぜ寝不足になってしまうのか原因はいろいろあるかと思いますが、原因の一つとしては寝る前に脳が興奮状態になりレム睡眠になってしまうのではないかと思います。なお、その興奮状態にさせるきっかけはコーヒーを飲んだり、寝る直前まで仕事をしていたりといろいろだと思います。
このように睡眠不足を解消するには脳の興奮状態を抑えることが必要だと思います。もし、興奮を抑えるサプリメントがあったら画期的だと思います。

睡眠不足時のサプリメントの活用

Posted 1月 15th, 2014 by matuyama

現在では、睡眠不足の際にサプリメントを活用するケースが一般的なこととして認識されているのではないかと考えられています。寝不足で体調がすぐれない場合には、このようにしてサプリメントを利用して睡眠を促進し、睡眠不足の解消に努めることが当たり前のように捉えられているのではないかと思います。
睡眠不足に悩む多くの人たちが、快適な眠りを促すサプリメントを日常生活に取り入れており、様々な分野から大きく注目されているのではないでしょうか。今後はこのような傾向が様々なところに波及するものとみられており、期待が寄せられるのではないかと考えられています。また、サプリメントを利用した有効な睡眠不足の解消方法が、積極的に模索されていくでしょう。睡眠のメカニズムやはり睡眠不足についてを専門的に研究する人たちも、こうしたサプリメントの活用について熱心に調査していくのではないでしょうか。多くのところから注目が寄せられるでしょう。

寝不足や睡眠不足はサプリで栄養補給を

Posted 1月 15th, 2014 by matuyama

“あなたの睡眠時間は平均で何時間ですか?
1日の間でどれくらいの睡眠量があれば、すっきりした頭で仕事が出来るでしょうか?

仕事の人、子育て中の人、男性や女性、様々な人がいて生活スタイルも様々ですね。
私は、5時間は寝ないと睡眠不足だと感じます。
5時間寝ていないと寝不足の感じですね。
出来れば、6時間寝られればすっきりします。
あくまでも私の場合ですけれどもね。
子どもが小さい時は、もっと寝ないと体が倒れそうな感じでした。
チョコチョコと赤ちゃんと一緒にお昼寝してました。

普通の人の平均は、分かりませんが5時間を切ると流石に日中も眠くなってしまいます。
そんな睡眠不足と感じる時は、サプリメントで乗り切ります。
人と会うのに目の下にクマを作って不健康では仕事も半減してしまうかも知れませんね。
女性なら、コラーゲン入りやプラセンンタ入りのサプリがお肌に良いと思います。
男性なら、タウリンが入った栄養ドリンクが必須でしょうか?

寝不足をサプリで補って上手に生活をしていきたいものですね。

仕事と遊びは一緒というワーカホリックな人はたいてい睡眠不足の状態でフル稼働しています。
時差などの関係で不規則な生活になりやすいですし、
出張などで物理的に睡眠障害になってしまうこともあります。

その睡眠障害が悪化してしまうと軽いうつ状態になってしまい、そのまま放置するとだんだん身体が動かなくなってしまいます。精神疾患の薬を1日5回程度服用し、睡眠障害の薬を眠る前に服用するとなると、ほとんど薬漬けの状態になってしまいます。精神疾患者にとっての薬は精神安定剤的な意味合いも持ちますから、もうほとんど症状が出ていないのに飲み続けないとまた症状が出てしまうのではないかという強迫観念に襲われ、死ぬまで薬を服用しなければ生きていけない状態になってしまいます。精神疾患が完治したわけではないのに断薬すると禁断症状に襲われてしまいます。

ですから睡眠不足や寝不足をそのまま放置して睡眠障害になってしまっては大変なことになります。よく眠れない状態が続くようであれば睡眠不足 サプリメントなど副作用の少ないものから取り入れることをオススメします。